Login
Immutable PageDiscussionInfoAttachments
Diff for "HowToDocumentation"

MMA
Differences between revisions 1 and 2
Revision 1 as of 2010-12-17 15:10:28
Size: 172
Editor: chmod
Comment:
Revision 2 as of 2010-12-17 15:47:05
Size: 2239
Editor: chmod
Comment:
Deletions are marked like this. Additions are marked like this.
Line 3: Line 3:
{{{#!...
 #Trusted,MMAGroup:read,write,delete,revert Known,All:
}}}

== 文章へのアクセス制御 ==
文章へのアクセス制御は、 ACL (Access Control List) というものにより行われます。<<BR>>
以下は、ACLの例です。これは、部員は誰でも''編集可能''・部室内からは''閲覧可能''、外部からは''読めない''ページを示します。
{{{
#acl Known:admin,read,write,delete,revert Room:read All:
}}}

ACLは,''文章の先頭''に記してください。
=== ユーザー名 ===
ユーザー名は,登録されたユーザー名が使えます.ユーザー名の一覧は【】を参照してください.

グループ名は,次の物が使えます.
 * Known -- 登録ユーザー(=部員)全員
 * Room -- (ログインしない場合の)部室内からのアクセス
 * Chief -- 部長・副部長
 * Cashier -- 会計
基本的には,会計資料など重要な書類をのぞいて,誰でも編集可能にしてください.

=== 権限 ===
権限を適切に付与することは重要です.

権限は,以下の物が使えます.
 * admin -- acl の制御ができます.これが適切に付与されていないと,'''誰もACLを変更できなくなります.'''
 * read, write -- 読み書きができます.
 * delete -- 削除ができます.
 * revert -- 古い版に戻せます.

=== 文法 ===
ACLは,以下のような文法に基づいています。
{{{
<ACL> ::= "#acl" " " <controls>
}}}

{{{
<controls> ::= <control> | <control> " " <controls>
<control> ::= <users> ":" <rights>

<users> ::= <user> | <user> "," <users>
<user> ::= ユーザー名 | グループ名

<rights> ::= <right> | <right> "," <rights>
<right> ::= "admin" | "read" | "write" | "delete" | "revert"
}}}

簡単に上の意味を説明しましょう.まず,ACLは,以下のような構造をしています.
{{{
#acl ユーザー[,ユーザー,...]:権限[,権限,...] [ユーザー[,ユーザー,...]:権限[,権限,...] ...]
}}}
Line 5: Line 57:
== 文章へのアクセス制御 == ユーザー名

ドキュメンテーションの方針

文章の構成

{{{#!...

  • #Trusted,MMAGroup:read,write,delete,revert Known,All:

}}}

文章へのアクセス制御

文章へのアクセス制御は、 ACL (Access Control List) というものにより行われます。
以下は、ACLの例です。これは、部員は誰でも編集可能・部室内からは閲覧可能、外部からは読めないページを示します。

#acl Known:admin,read,write,delete,revert Room:read All:

ACLは,文章の先頭に記してください。

ユーザー名

ユーザー名は,登録されたユーザー名が使えます.ユーザー名の一覧は【】を参照してください.

グループ名は,次の物が使えます.

  • Known -- 登録ユーザー(=部員)全員
  • Room -- (ログインしない場合の)部室内からのアクセス
  • Chief -- 部長・副部長
  • Cashier -- 会計

基本的には,会計資料など重要な書類をのぞいて,誰でも編集可能にしてください.

権限

権限を適切に付与することは重要です.

権限は,以下の物が使えます.

  • admin -- acl の制御ができます.これが適切に付与されていないと,誰もACLを変更できなくなります.

  • read, write -- 読み書きができます.
  • delete -- 削除ができます.
  • revert -- 古い版に戻せます.

文法

ACLは,以下のような文法に基づいています。

<ACL> ::= "#acl" " " <controls>

<controls> ::= <control> | <control> " " <controls>
<control> ::= <users> ":" <rights>

<users> ::= <user> | <user> "," <users>
<user> ::= ユーザー名 | グループ名

<rights> ::= <right> | <right> "," <rights>
<right> ::= "admin" | "read" | "write" | "delete" | "revert"

簡単に上の意味を説明しましょう.まず,ACLは,以下のような構造をしています.

#acl ユーザー[,ユーザー,...]:権限[,権限,...] [ユーザー[,ユーザー,...]:権限[,権限,...] ...]

ユーザー名

WIkiの記法

Wiki の設定について

...

HowToDocumentation (last edited 2010-12-21 02:11:06 by chmod)