Login
Immutable PageDiscussionInfoAttachments
Diff for "HowToUseSSH"

MMA
Differences between revisions 11 and 12
Revision 11 as of 2011-06-11 19:30:09
Size: 2987
Editor: chmod'
Comment:
Revision 12 as of 2011-07-19 02:43:02
Size: 2813
Editor: chmod
Comment:
Deletions are marked like this. Additions are marked like this.
Line 33: Line 33:
より高度なことを行いたい場合,以下の資料が参考になります.
 * [[renda/doc/HowToPortFwd]]
 * [[renda/doc/HowToSSHVPN]]
 * [[renda/doc/sshfs]]

SSH

SSH とは Secure SHell の略です.遠隔地のコンピュータのシェルを操作することができます.

概要

SSHを用いると,

  • 遠隔地のコンピュータを安全に操作することが出来ます.
  • その通信経路を用いて,遠隔地の任意の通信(TCPなど)を仲介することが出来ます
    • 遠隔地のプロキシを利用することにより,例えば学内プロキシを用いて学内専用ページを閲覧することが出来ます.
    • また,ダイナミックポートフォワーディングを用いることにより,接続先のサーバーをそのまま Socks プロキシとして用いることができます.
      • こちら などが参考になります。
        ssh -D オプションで行うことができます。

  • 遠隔地のコンピューターに安全にファイルをコピーできます.
    • scp コマンドを用います.詳しくはman scpをご覧ください.

  • 遠隔地のコンピュータのディスクを手元のコンピュータにマウントすることにより,オンラインディスクのように利用することができます.

    • sshfs などで検索してください.

安全性

SSH2の通信は 公開鍵認証 により保護されています.
盗聴のない安全な通信が確保されているかを知るには,ホストキーを確認してください.

  • Computers 各サーバーの FingerPrint の項に書いてあります.

クライアント

FreeBSDのハンドブックに,sshプロトコル・サーバーの有名な実装であるOpenSSH についての説明があります.
また,FreeBSD上の ssh コマンドの使い方については, man ssh をご覧ください.

Windows 向けの簡単な資料は以下に.


CategoryDocument

HowToUseSSH (last edited 2011-08-01 13:22:59 by chmod)